お知らせ

医院を活性化するための日常業務の改善・工夫の提案(2017/4/26)

  医療機関の増患は、そこで働く医療スタッフの患者への接客力にかかっています。 どんなに素晴らしい建物や医療設備を導入したとしても収益アップを左右する条件は、マンパワーと言えます。 優秀な人材をいかに育成し、働きがいを与え処遇していくかを医療経営委の立場から考える必要があります。 他の医院と差別化する最も重要な部分であり、最も難しい部分でもあります。 患者からは常に注目され選別の基準とされます。

《組織変革の事例提案》
 1) 現状の課題について自問自答してみる
     現状の分析(スタッフ体制、診察手順、待ち時間、コミュ
     ニケーションの有無)
     ・・・・・院長分析、職員からの意見(アンケート利用等)

 2) 課題を労使ともに共有できるよう「見える化」する。

 3) 職員自ら「クレド」を作成させ常に携行させ経営理念を意識         
     づけする。

 4) 週一程度の朝礼でのコミュニケーションの場をつくる。

 5) 提案制度の確立・・・良い提案には積極的に応える組織作
   り(例:報奨金等)

 6) 就業規則の改定・・・ルールの明確化、職員への周知